×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



がんばれ!キッカーズ(21)

ひょんなことから宮下小のサッカー部と試合をすることになったキッカーズ。
だが、宮下小は番長でゴールキーパーの忠太郎を中心にケンカサッカーでキッカーズをねじ伏せようとする。
翔がケガしたこともあってキッカーズは大敗を喫するが、それをきっかけに忠太郎たちはサッカーの本当の楽しさを知ることに…。
「対決! 宮下SSの巻」他、当時の単行本未収録の読切4話約250ページを収録。
北の大地でくりひろげられるばんえい競馬。
そのレースで勝っても負けても馬肉として処分される運命にある愛馬、哀歌をなんとか救えないかと少年・天馬駿は悩んでいた。
その魂の叫びは哀歌を突き動かせるのか? かつてボムクレイジーに会いに来たこの少年を軸に、『優駿の門』新章がスタートする!壮絶な死を遂げたばん馬・哀歌の死から14年。
駿は北海道を出、中央競馬の騎手として、岡田厩舎所属になった。
しかしその道は険しく、岡田調教師の弟、鰹のイジワルもあって調教にも乗せてもらえなかった。
そしてやっとデビューのチャンスがまわってきたが?ついにやってきた初めてのチャンス、神宮寺厩舎のラブリップで、誰にもマネできない独特の乗り方ですさまじい追い込みを見せ、デビュー戦を勝利で飾った駿。
それからというもの騎乗依頼が殺到。
だがその後、駿がレースで乗った馬がレース後に次々に故障する…。
あのボムクレイジー唯一の仔が、岡田厩舎にやってきた! 名前は哀歌、かつて駿が失った愛馬と名前も同じで見た目もそっくり。
デビュー戦を圧倒的な強さで飾った哀歌だが、ドバイではあの月山左京とアイアンマッスのコンビが始動しようとしていた…。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009129